since 1969

■ ごあいさつ ■


 会社とは「お客様があって成り立つもの」であります。
 お客様より求められる「納期の厳守・品質保証」は、志鎌機型製作所のまさに生命線であります。従業員一丸となって、この目標のクリアに励んできました。
 創立以来、幾度とあった不況の中、窮地に追い込まれた事もありました。
 弊社は、従業員の協力によりその厳しい状況を乗り越えることができ、現在まで存続してこれたと思っております。

 21世紀を迎え、社会・産業のさまざまな場面で高度情報化が進んでおります。弊社では、お客様のパートナーとして、複雑多様化していく最新の設備機器の動向を的確にとらえ、それらの機器や確かな技術を総合的に組みあわせ、より良い物を「お客様にとって本当に役に立つシステム」として提供していきます。
 技術部門、設計部門、営業部門をさらに充実させ、お客様の一層の満足度の向上にも努めていく所存です。是非弊社のミクロ単位の正確さを誇る技術がお目に止まりましたら、どのようなことでもお問い合わせ下さい。今後とも志鎌機型製作所をよろしくお願いいたします。



       代表取締役社長  志鎌 八重子
   
 
■ 会社概要 ■
 
商   号
株式会社 志鎌機型製作所
本   社 神奈川県海老名市社家949−3
設   立 昭和44年10月
資 本 金 1000万円
代 表 者 志鎌 八重子
従業員数 10名
事業内容 自動車部品マスターモデル、検査治具、石膏型&樹脂反転
各種プレス型、試作モデル その他
主要得意先 河西工業株式会社 様
茅ヶ崎製作所有限会社 様
株式会社石原製作所 様
株式会社エフエイ・トムス 様
 
  
■ 会社沿革 ■
 

昭和44年10月 志鎌和豊が横浜市に個人経営にて「志鎌木型製作所」を設立
昭和47年 9月 神奈川県座間市に移転
昭和52年 9月 神奈川県海老名市に移転
昭和57年 1月 有限会社 志鎌機型製作所  代表取締役 志鎌和豊 に改組
平成 8年12月 三次元CAD/CAM(日本ユニシス)導入
平成 9年11月 工場増改築始まる
平成10年 2月 志鎌和豊他界のため、代表取締役 志鎌八重子となる
平成10年 3月 工場完成
平成10年 4月 RC800Wトレーシングセンタ(OKK)導入
平成13年 8月 三次元CAD/CAM V6(日本ユニシス)導入
平成13年10月 三次元CAD/CAM V6(デジタルプロセス)導入
平成14年 7月 三次元CAD/CAM V6(デジタルプロセス)導入
平成17年 3月 工場増築
平成17年 5月 MILLAC−1052V マシニングセンタ(大隈豊和)導入
平成24年 4月
オイルフリースクロールコンプレッサ 5.5kw導入
平成25年 5月 有限会社から株式会社へ改組

■ 設   備 ■
 
TRC トレーシングセンタ(OKK) 加工範囲 700×1800 1台
MILLAC−1052V(大隈豊和) 加工範囲 2050×1025 1台
三次元用定盤(3000×2000×270) 4台
三次元レイアウトマシン 4台
自動カンナ 1台
自動手押カンナ 1台
ペーパーマシン 1台
ボール盤 1台
コンターマシン 1台
ホイスト 1台
チェインブロック 1台
ハイトゲージ 8台
業務用PC 6台
業務用CAD/CAM
  αCADU(V6)
  CADCEUS
(V6)

2台
1台
アネスト岩田 SLP-55ECDM5 
オイルフリースクロールコンプレッサ 5.5kw
1台

HOME | ごあいさつ |会社内容 (概要 沿革  設備) | 製作部門 | 設計部門 | アクセス | お問い合わせ


株式会社 志鎌機型製作所
Shikama.model.product  since1969

〒243-0424 神奈川県海老名市社家949−3  tel 046-233-2687 fax 046-233-2686
 e-mail y.shikama@shikama.co.jp